肌老化の原因である酸化とは一体何が原因!?

肌老化の3大要因である酸化は、シワ・シミ・生活習慣病を引き起こす可能性が多いにあります。酸化の原因を認識し、普段から予防の意識をすることが大切です。
MENU

肌老化の原因である酸化とは一体何が原因!?

肌老化の3大要因である酸化は、シワ・シミ・生活習慣病を引き起こす可能性が多いにあります。酸化の原因を認識し、普段から予防の意識をすることが大切です。

 

酸化とは?原因は?

酸化とは、物質と酸素が結合する化学反応のことをいいます。
金属やリンゴを放置していてサビたり茶色に変色した経験は誰しもがあると思いますが、あの反応が酸化です。
酸化は金属やリンゴだけでなく、もちろん人間の体内でも発生します。酸化が進行することで身体の老化も進行するといわれています。そのためアンチエイジングにおいて、紫外線や糖化と同じく重要視されています。

 

そして酸化の原因についてご説明します。酸素は生命活動に必要なエネルギーを生み出す際に体内に取り込まれますが、使われなかった一部の酸素が「活性酸素」となり、細胞を酸化させます。酸化とはいわゆる「サビ」ともいえます。サビついた細胞が正常な働きができなくなると、老化が進行してしまいます。また細胞の酸化はDNA損傷の原因にもなり得ます。

 

そしてさらに活性酸素を発生しやすくする環境が、現代に生きる私たちの周りには沢山あるのも事実ですが、主な原因は毎日の生活習慣の悪化にともなうものともいえます。
紫外線に当たること、ストレス、喫煙や大気汚染の環境、また脂質の多い食事や、添加物の多い食生活も活性酸素を発生しやすくする原因となるのです。また活性酸素は本来、体内に侵入してきた細菌やウイルスから身体を守るために必要な物質ですが、酸化力が強く、増えすぎると細胞にダメージを与えてしまうため良くないといわれています。

 

酸化による肌老化への影響

,

表情筋だけじゃなく、肩もしくは首から顔に向けて走っている筋肉もあるから、その大切な筋肉が弱くなると、皮膚を保持することが不可能になってしまって、しわが発生するのです。
肌荒れ状態が続くと、にきびなどが出て来やすくなり、ありふれたケアだけでは、容易く回復するのは無理だと言えます。なかんずく乾燥肌につきましては、保湿のみでは克服できないことがほとんどだと言えます。
ニキビ系のスキンケアは、手抜きせずに洗って余分な皮脂や角質といった汚れを取り除いた後に、きちっと保湿するというのが絶対条件です。これにつきましては、身体のどこに生じてしまったニキビだろうとも一緒なのです。
思春期ニキビの発症であるとか悪化を阻止するためには、毎日毎日の暮らし方を良くすることが求められます。可能な限り念頭において、思春期ニキビができないようにしたいものです。
「乾燥肌の対策としましては、水分を与えることが必要不可欠ですから、何と言っても化粧水が一番!」と言っている方が多いようですが、ビックリすると思いますが、化粧水が直々に保水されるということはないのです。

乾燥のせいで痒くてどうしようもなくなったり、肌がズタズタになったりと大変でしょう。そういった時は、スキンケア商品を保湿効果に優れたものに交換すると一緒に、ボディソープも交換してしまいましょう。
「敏感肌」の人の為に売られているクリームであるとか化粧水は、肌の乾燥を防止するのにとどまらず、肌の角質層が生来把持している「保湿機能」をレベルアップさせることも夢と言うわけではありません。
洗顔フォームにつきましては、水またはお湯をプラスしてこねるのみで泡立つようになっていますので、使い勝手が良いですが、代わりに肌に負担がもたらされますので、それが災いして乾燥肌と化して困っている人もいると教えてもらいました

美白が望みなので「美白に役立つ化粧品を使用している。」と明言する人が多いですが、肌の受け入れ状態が整っていない状況であれば、丸っきり無意味だと断言します。
「美白化粧品は、シミが見つかった場合のみ使用するものではない!」と頭に入れておいてください。普段のメンテで、メラニンの活動を抑止し、シミが発生しにくいお肌を維持していただきたいです。

実際のところ、肌には自浄作用のあることが分かっており、ホコリもしくは汗は単なるお湯で洗ったらキチンと落とせると考えていいでしょう。重要な皮脂は落とさず、無駄な汚れだけを取り除いてしまうという、適正な洗顔を習得したいもので
す。
お風呂から上がったら、クリームないしはオイルを塗布して保湿することも重要ですけれど、ホディソープそのものの成分や使用法にも神経を使って、乾燥肌予防を行なってください。
お肌の乾燥と呼ばれますのは、お肌の艶の源とも言える水分が欠乏している状態を指して言います。大切な水分が消失したお肌が、バクテリアなどで炎症を発症して、重度の肌荒れになるのです。
毛穴を消すために作られた化粧品も多数発売されていますが、毛穴が大きくなる原因は特定できないことが稀ではなく、睡眠時間や食事など、生活全般の質にも注意を向けることが求められます。
肌荒れを克服したいなら、効果抜群の食べ物を摂取するようにして体の中からきれいにしていきながら、外からは、肌荒れに有効な化粧水を有効活用して整えていくことが大切だと考えます。

 

 

 

シミの元凶

 

活性酸素がもたらすお肌への悪影響としては、最も代表的なものが憎きシミです。一度できてしまうとなかなか消えない上に目立ってしまうシミは、いつまでも美しくありたい女性にとっては脅威と言えるでしょう。

 

シミができるのも、実は人間が持っている自己防衛システムの賜物です。肌が黒ずむのは、活性酸素によるダメージをメラニンが引き受けてくれているからなのです。

 

メラニンとは?

,

敏感肌の原因は、1つではないと考えるべきです。そういった事情から、快方に向かわせることが望みというなら、スキンケアなどのような外的要因はもとより、ストレスであるとか食べ物などを含んだ内的要因も見直すことが肝要になってきま
す。
アレルギーによる敏感肌に関しては、医者の治療が要されますが、生活習慣が原因の敏感肌ということなら、それを修正したら、敏感肌も恢復すると断言できます。
「肌寒い季節になると、お肌が乾燥して痒みが尋常でなく困っている。」と発する人が非常に多いですね。だけども、今日この頃の実態で言うと、年がら年中乾燥肌で苦しんでいるという人が増えてきているそうです。
敏感肌が原因で苦悩している女性の数は相当なもので、調査会社が20代~40代の女性を対象にして敢行した調査を確認すると、日本人の4割オーバーの人が「自分自身敏感肌だ」と信じ込んでいるみたいです。
入浴後、いくらか時間が過ぎてからのスキンケアよりも、皮膚に水分が残存しているお風呂から上がった直後の方が、保湿効果はあります。

敏感肌に関しましては、一年を通して皮脂ないしは肌の水分が足りなくて乾燥しているせいで、肌を防御するバリア機能が弱くなってしまった状態が長い期間継続する為に、肌トラブルに巻き込まれやすくなっているのです。
近頃の若者というのは、ストレスを溜め込むことが多いので、ニキビ治療用の洗顔フォームや化粧水を使っているにもかかわらず、一向に良くならないと言うなら、ストレスそのものが原因だろうと考えます。
「日焼け状態になったのに、対処することもなくなおざりにしていたら、シミになってしまった!」という事例のように、通常は注意している方ですら、気が抜けてしまうことは起こる可能性があるのです。
表情筋の他、肩又は首から顔に向かって付着している筋肉もありますので、その部分の衰えが著しいと、皮膚を持ち上げ続けることが簡単ではなくなり、しわになってしまうのです。
洗顔石鹸で洗った直後は、普通は弱酸性とされている肌が、その瞬間だけアルカリ性になることが分かっています。洗顔石鹸で洗顔しますと突っ張る感じがするのは、肌がアルカリ性に変化したからだと言えるのです。

市販の化粧品を使った時でも、刺激を感じるという敏感肌に関しましては、絶対に刺激の強すぎないスキンケアが求められます。通常から行なっているケアも、負担が大きくないケアに変える必要があります。
定期的にスポーツクラブなどに行って血の巡りをスムーズにすれば、ターンオーバーも規則正しくなり、より透明な美白が得られるかもしれません。
モデルや著名エステティシャンの方々が、専門誌などで見せている「洗顔しない美容法」を読んでみて、心を引かれた方も少なくないでしょうね。
肌荒れを良くしたなら、良質の食事をとるようにして身体内より元通りにしていきながら、身体の外部からは、肌荒れに効果抜群の化粧水にて改善していくことが重要になります。
「炎天下に外出してしまった!」と不安にかられている人もご安心ください。とは言っても、適切なスキンケアに努めることが必要です。でも何よりも先に、保湿をしなければいけません。

 

 

 

潤いとハリの損失

 

もう1つの重要な変化がしわです。しわも活性酸素によって作り出されるものです。

 

真皮にはコラーゲンが網の目状に張りめぐらされていて、エラスチンがコラーゲン同士を結び付けています。その隙間にはヒアルロン酸などが含まれていて水分を保持しています。これらが働きあってハリを保ったり、しわが出来ないようにしています。
活性酸素は、このコラーゲンやエラスチンを酸化させてしまいます。そのため、活性酸素が増えると、コラーゲンやエラスチンがダメージを受け変性することで、弾力が失われたり、水分の保持ができなくなるため、肌に潤いやハリが低下します。すると徐々に性質が変化してしまい、若々しいお肌に特有の弾力が失われてしまい、しわができやすくなるというわけです。

 

また、コラーゲンが破壊されてしまうと肌荒れや炎症の原因ともなります。

 

酸化のせいで皮膚がんのリスクも高まる!?

 

紫外線は皮膚がんとの関係でも有名ですが、これも活性酸素の働きによるものです。夏から初秋にかけての強い紫外線を受けた場合には、体内で発生する活性酸素も非常に強力です。この強力な活性酸素は、身体への悪影響も当然大きくなります。

 

❞細胞の外側を覆っている細胞膜が活性酸素によって過酸化脂質に変化することにより細胞膜自体が破壊されると、活性酸素が細胞内に侵入し核のある「DNA」に直接襲いかかります。「DNA」は人間を正常な体に構成するために一つ一つ作り上げるための、いわば遺伝子の基になるものです。この「DNA」が活性酸素によって狂わせられて、突然変異の遺伝子をつくり出してしまいます。
この変異した細胞がガン細胞なのです。
引用元:日本抗酸化❞

 

このように、適量の活性酸素は身体を守るために必要ですが、必要以上の活性酸素は老化の原因となります。

 

必要以上の活性酸素が発生しないように気をつけましょう。また、抗酸化力のある物質(ビタミンCなど)を摂ると活性酸素の影響を受けにくくなります。

このページの先頭へ